行列

行列式を因数分解する問題

行列式を因数分解する問題とその解答例です。 行列式を因数分解するコツを知っていれば解ける問題です。
行列

行列式を因数分解する時のコツ

行列式を習うと、演習で行列式を因数分解するという問題がでてきます。 行列式を使いこなすのに行列式の因数分解はとっても有効です。ただ行列式を求める問題はつまらないですが、因数分解するとなると、行列式の特徴の見極め方が養われます...
行列

行列のインバース(逆行列)とはコレの事

行列のインバース(逆)とは、逆行列(Inverse matrix)の事です。逆行列を求めるのは、かなり面倒です。 行列によってはインバースが存在しない場合もあります。 ここでは、行列のインバースを求める方法を説明します...
行列

行列のIは単位行列を表す

行列の式でよく、\(I\)(大文字のアルファベットのアイ)がでてきますが、これは単位行列を表しています。 単位行列とは、対角成分が1でそれ以外の成分が0の正方行列の事です。
行列

転置行列で内積の計算がシンプルに、転置したら行列式はどうなる?

行列の行と列を入れ替えた行列を転置行列と言います。 転置行列の性質について書きます。
無限小解析

無限大と無限小に関する最初の認識

無限大と無限小を考えるときの最初の第一歩がこれです。ここから無限大と無限小の考察が始まります。
数学

関数とは何か簡単に説明したよ

これから数学で関数を習う人向けに、関数とはどういうものか簡単に説明。一次関数についても説明。関数とは一言でいうと箱のことです。
レヴィ=チヴィタ体

レヴィ=チヴィタ体\(\mathcal{R}\)での微積分に関する問題点

レヴィチヴィタ体上の関数の例を用いて、微積分について記します。 レヴィ・チヴィッタ体は、実数体Rと同じような条件であっても、期待と違った結果になることがあります。
レヴィ=チヴィタ体

レヴィ=チヴィタ体のRとC

筆記体で書いたRが実数係数のレヴィ=チヴィタ体、Cが複素数係数のレヴィ=チヴィタ体です。
レヴィ=チヴィタ体

レヴィ=チヴィタ体の導入

メガ実数について調べていたら、レヴィチヴィタ体がそれそのものでした。 レヴィチヴィタ体 は、Wikipediaにもしっかりと載っています。 メガ実数とちがって、しっかりとレビューされていますので、結果の信ぴょ...
タイトルとURLをコピーしました